アトピー用 パジャマ おすすめ 大人 シルク レディース 前開き 襟付 長袖 ペイズリー柄 送料無料0056

クリックで画像を表示
ペイズリー青系
クリックで画像を表示
ペイズリー赤系
クリックで画像を表示
背中側

クリックで画像を表示
襟とボタン
クリックで画像を表示
パジャマトップスにポケット付で便利
クリックで画像を表示
便利なズボンポケット

完売→ペイズリー赤系。残り青系のみです。
ここのアトピーシルク肌着通販の店長そらです。


2009年の大人アトピー大悪化(全身)で崖っぷち。
そこからアトピーに本気で向き合ってきました。


シルク下着や服 パジャマを
アトピー体質改善に積極活用して、

アトピー肌だけでなく体力ごと回復しました。


体力回復スイッチがONになったら、
身体だけでなく、
人生まるごといい感じに変わってきています。




浸出液のグチュグチュ汁まみれで、
肌がいつも湿っていて、


風が吹くだけで痛すぎたアトピーからの
回復プロセスのポイントを自己分析したら?


細かい回復ターニングポイントはいくつもありますが、
ざっくり、ひとつに絞るとしたら?


それは「アトピー疲れ対策」です。



●「アトピー疲れ」を語ると超長文なので、興味あれば 

あなたの→「アトピー疲れ度をチェック!」してみて下さい。



↑【ご注意】慢性(長期)アトピーや 
アトピーを何度も繰り返している方ほど、

アトピー疲れの悪循環沼にハマっている可能性大です。




ま、アトピー疲れについてリンク先を見なくても、

パジャマと疲れ取りの関係は
なんとなく、理解しやすいと思います。




●アトピーの私の後悔のひとつに、

「なんでもっと早くに
アトピー対策にシルクパジャマを使わなったのだろう
という事があります。




シルク肌着で 
痛くて動かせなかった首や肘ひざの関節が
動かせるようになったので、


自分のアトピー肌とシルクの相性の良さを実感していました。



だけどはじめは、寝る時に
シルクパジャマを活用する発想が無かったです。



就寝時にシルクインナーを活用するだけでも
肌のかゆみ痛みや不快感が楽になっていたから。



「シルク下着さえ着てたら楽だから」と、
シルク下着+適当な綿のルームウェアのまま寝ていました。



ある日「シルク下着でこんなにアトピーが楽になるなら、

徹底的に上から下までシルクを活用して、

寝る時も同様に、シルクパジャマにしてみよう!」と

徹底してみたら。



●半端ない極上のリラックス感で、

寝付きがもっと良くなるし、
朝まで安眠ぐっすりで、


「アトピー出る前はこんな感じだった!」と思い出しました。



アトピーの時って 
肌が身体のコリがものすごいのですが、


そのコリも軽くなったし、そういうコリ含め、

疲れの取れ方が何倍も違いました。



●このように 毎日シルクパジャマで寝て
寝ている間も時間の効率活用して、

「アトピー疲れ対策」をしはじめてから、



ずっと出続けていた浸出液が止まり、肌が乾き、
かさぶたになる時間がはやまり、

結果、回復スピードが上がったように感じます。


シルクパジャマで就寝時にぐっすり休めるようになって
うまく回復サイクルが回るようになり始めたようで、



実際 私のアトピーは、
シルクパジャマに変えて よく眠れるようになって
ずいぶん楽になりました。



●こういう実体験での失敗や時間ロスの後悔があったからこそ、

真っ先に「アトピー疲れの悪循環に対処すべき!」
という気付きにつながったので良しですが(汗)



だけどやっぱり、アトピーってだけで人生辛いし、

アトピーで寝れなくて回復効率が落ちる

→回復まで時間かかって、
貴重な時間を失った事は 強烈に後悔しています。




●アトピーからの回復を振り返ると
個人的な体感としては、


体力の回復が先で、

その後に アトピー肌の(傷や汁など)回復でした。



体力が先で肌が後です。


シルクパジャマは、

傷だらけで痛いアトピー肌にも肌触りや通気性がよく
肌に優しいだけでなく、

まさに アトピー疲れを抜け出すための 疲れ(体力)回復にも
つながるアイテムだったのです。




●アトピー対策にシルクパジャマを考えているなら?


さてシルクパジャマ。
ここのアトピー肌着の通販で何種類かおすすめしています。


その中でこのページのパジャマの位置づけは、
★「はじめてのシルクパジャマにおすすめ」です。



※以前は、シルクサテンの最高級のシルク生糸の
シルクサテン(光沢のある最もシルクらしいシルク)パジャマを
おすすめしていました。


リピーターのお客様が後をたたないほど人気でしたが、
残念ながら生産中止となってしまいました。



その高級シルクサテンパジャマをイチ押ししていた理由は、
肌と身体への癒やし体感がダントツだったからです。




この生産中止の機会に、
改めてアトピーや体力回復、睡眠とアトピーなどから
シルクパジャマについて 考えました。




●「アトピーにこういうものが良いらしい」という情報は、

特に慢性アトピーで長い間アトピーで悩み抜いた方にとって
希望の光です。



それは、試す前だとしても、可能性を感じるからです。



ならば「極力 アトピーの方の可能性を奪いたくない」

私自身 可能性に期待しすぎて、
がっかりして失望した体験が
数え切れないほどあるから。



↑ この部分を

アトピーの方にシルクパジャマを提案する時に
置き換えた時、

アトピーの方にはじめてのシルクパジャマをおすすめするなら?を考えたら、

「耐久性」と「洗濯のしやすさ = 扱いやすさ」に行き着きました。



●なぜなら アトピーの方の肌状態を考えると
本来 下着や服の消耗具合は 通常肌よりも何倍も激しいはず。



アトピーの方にとって 
下着や服は 減るのがはやい消耗品そのものだから。



肌表面からいつも汁が出ていて、

ジュクジュク→かさぶたを高速サイクルで繰り返していたり
その浸出液やカサブタが直接肌着や服と接しているわけだし、


乾燥粉ふきでウロコ状だと粉がくっつくし、


起きていても寝ていても無意識に肌を触り、
掻き続けていることが多いので、

掻くために無意識に下着や服を引っぱって伸ばしていたり、

また下着の上から引っ掻いていたり。



アトピーが重いほど、肌に直接触れている下着は長持ちせず、
すぐにいたんで新調が必要になるんです(大いに体験済)



↑こういう前提条件があると、


シルクのように繊細イメージがある生地の肌着やパジャマって
「良いお値段なのに どうせすぐにダメになりそう」
って躊躇すると思うんですよ。



現に私も
「このグチュグチュアトピー肌にシルクって、どうなの?」って
思ってましたから。



確かに丈夫さだけで判断すると絹より綿100%なんです。


でもそこを差し引いてもシルクのメリットが勝つ と

綿もシルクも取り寄せて、
自らのアトピー肌で実験&検証し続けて感じます。


あきらめずにいたら、
超ドケチが幸いして、良いシルクに出会う事が出来ました。



新卒からずっとアパレル畑のため、
作り手 売り手 お客様のどの事情も知ることが出来、鍛えて頂き、


コスパ感覚も まぁまぁシビアに働きますし、
良いものの目利きについては、野生の嗅覚が働くんです笑




●こんな風に、
人5倍?位 直接肌に身につける肌着やパジャマが
ダメになっちゃうスピードがはやいアトピーの方。


だからこそ、はじめてのシルクパジャマに最優先させてほしいのは、

「耐久性」と「洗濯のしやすさ = 扱いやすさ」です。


シルクの質(グレード)って

生地の布段階だけでなく 糸の状態からみても、
実はかなり幅広く 要はピンキリです。


だいたい値段に比例している印象を受けますが、
格安は質悪いかも?と感じながら買うでしょうから、置いといて。


中途半端な真ん中の値段くらいのタイプのほうが
実はコスパが悪かったりします。



なんだか縫製がイマイチで耐久性がなくて、すぐ破れて、
安物買いの銭失い(←安くはないのに)になります(涙)



それにより、
「やっぱりシルクはすぐに破れる!」怒 
今後一切シルク買うのやめよう!」

↑このように せっかく勇気をもって買ったのに
可能性の扉を閉じる体験をしてほしくないのです。



アトピー何とかしたくて希望を感じてトライしたのに、

ぶっちゃけ質の良くないシルク製品購入で、
シルク肌着からの対策の可能性の扉を閉ざしてほしくない。。。




なので おせっかい精神を発揮しまして(爆)


アトピー歴25年以上で
新卒以降ずっと仕事で服に関わり続けている私が 
アトピーの方に向けて、


アトピー対策(疲れや寝れない不眠も含め)に 
はじめてシルクパジャマを取り入れるなら、

このパジャマ!と厳選しました。


それが このページのパジャマです。

●「耐久性」と「洗濯のしやすさ = 扱いやすさ」に最適な素材。
→ シルク100%の ニット素材に軍配が上がります。



★シルクニットの特徴は
光沢のある絹イメージのシルクサテンとの比較だとわかりやすいです。

○シルクニットは、
伸縮性があり生地に厚みが出る


○シルクサテンは、
伸縮性がなくサラリとした肌ざわり 贅沢な光沢が美しい。


※シルクサテンとはこういう絹生地です→ シルクサテンパジャマ 



★「耐久性」
伸縮性があるというのは 動きにあわせて、ある程度伸びます。
ストレッチ性のあるパンツ(ズボン)をイメージすると分かりやすいです。


という事は、生地に負担がかかる激しい動きの時に、ニットは伸びる。

だけど、サテンは、縫い目などから裂けてしまう可能性が出てきます。


というわけで耐久面では ニットです。

私のように寝相が悪く 激しく動く方は参考になりそうです。
(と言っても 寝ている間にシルクサテンパジャマが裂けたことは無いです汗)



★「洗濯のしやすさ = 扱いやすさ」

○シルクニットは、
洗濯後もシワになりにくいので取り扱いやすい。


○シルクサテンは、洗濯後のシワは残りますので、
アイロン掛け必要なケースも有り。


まぁ私はサテンパジャマのシワは一切気にせず、
洗いっぱなしで放りっぱなしのズボラですけども。


サテン光沢の美しさにこだわりのある方は、
アイロンがけしなきゃと思うかもしれません。



アイロン前提の服って面倒じゃないですか?

この意味でも、ニットのほうが気楽に着ていただけると思います。



ちなみにこの シルクニット生地の光沢感は
綿よりは十分ありますが、


サテンと比較すると 絹の特徴の光沢は
だいぶ落ちますのでご理解いただければと思います。




★まとめると、
アトピーの方がはじめてシルクパジャマ対策をするなら、


最優先したい「耐久性」と「洗濯のしやすさ = 扱いやすさ」から考えると
シルクニット生地(絹100%)が最適。


 
シルクサテンは肌への滑らかな触感が好きで、
シルクの光沢の高級感を楽しみたい!という方に良さそうです。



ちなみに私は シルクマニアのシルクフェチなので、

シルクサテンもシルクニットも どっちも大好きで、
気分や気候で使い分けしてます。


シルクサテンの光沢感に癒やされることも多々あります。




↑ここまでが 
アトピー対策でシルクパジャマはじめての時に重視したいポイント
「耐久性」と「洗濯のしやすさ = 扱いやすさ」についてでした。



ここからは上記の
「耐久性」と「洗濯のしやすさ = 扱いやすさ」以外で
アトピーの方に このパジャマをおすすめしたい理由です。


●別名「アトピーの時のパジャマの選び方ヒント」です。



★襟付きデザイン

特に首アトピー出やすい場合は、
襟付きだと安心なので、おすすめしたいです。


襟ありパジャマは、
布団との擦れや 汁の布団への汚れ防止にお役立ちです。



★前開きデザイン 

○ボタン付の前開きタイプは着脱しやすいメリットが大きいです。

アトピーで動かしにくい部分があったり、
肩を痛めている方などで

かぶりタイプが着られない方などにおすすめです。


○体温調整しやすい。
アトピーしんどい時って、暑がりで寒がりになって、
体温調節したくなりませんか?


顔アトピー首や胸 肩アトピーで蒸れて 

やたらと上半身に熱がこもり、
ほてって眠れない事がありませんか?


そういう時には、前開きボタンを開けると 温度調整でき、
火照りがずいぶん楽になります。


○化粧や髪の毛セットにも便利。

○授乳にも便利。

○出産以外でも入院時に、問診などに便利なので、
前開きパジャマが指定されるケースが多い為 入院先でも使えます。

→ということは、入院中の方向けのプレゼントのパジャマは
前開きが最適。



★無地と柄の違い。アトピー隠したい方の参考に。


柄物デザインのパジャマは、色々とカモフラージュできて便利です。

例えば、汚れが目立ちにくいとか、 
アトピーの粉が落ちてもわかりにくいとか。


特に色の濃い柄はノーブラでも目立ちにくい、
柄で体型カモフラージュできるという良さもあります。


まぁ、柄物か無地か?は好みが大きいので
好きな方でいいのでは?とも思います。



★参考リンク シルクパジャマ検討中の方に人気ページ



今後アトピー対策にシルクパジャマを取り入れる方が増えて、
アトピーのお客様からの質問も増えてきたので、


シルクパジャマの選び方ガイドまとめを、
ブログ補足してシルク生地の特徴をまとめる予定。




★参考リンク 前開きではないTシャツタイプの
シルクニットパジャマは → こちら

※お客様によると、前開きではないTシャツかぶりタイプは、
見た目いかにもパジャマという印象ではないため、


パジャマよりも部屋着ルームウェア感覚で
愛用されるケースが多いようです。



●実質 どのシルクパジャマが良いか?というのは、


突き詰めると
個人の好みだったり、
パジャマに求める目的だったりで違ってきますが、


正直 睡眠不足や 
寝ても疲れ取れないアトピー疲れって
緊急性の高い問題というのも事実。



過去、同じ状態だった私は、
「ぶっちゃけ どのシルクパジャマが良いのか?」選んでる時間さえも
もったいないし、


しんどすぎて ネットで探すためにパソコン開く元気も無かったです。



だってアトピーきつい時って、貴重な時間が 
アトピーにどんどん奪われるじゃないですか(涙)



まともに動ける時間が少ない中で優先順位付けして
エネルギーを捻出しなきゃならない。


だからこそ。


シルクパジャマをあれこれ調べて 
1からレビュー見て比較検討する時間を節約出来るってだけでなく、



→パジャマ着て寝るだけで時間の有効活用が出来る


パジャマって 
●アトピーに時間を奪われている場合ではない!とか
アトピーで体力不足って方には強い味方になるはず。



そこまで切羽詰まってなくても、
 
時間の価値を大事にされている方にこそ、
(←病気したら身にしみるんですよ)

このパジャマの真の価値をお届けできるのでは?と思っています。




●素材  シルクシルクニット(絹)100% 

●サイズ Fフリーサイズ ワンサイズ展開 (М~L相当 ゆったり目)

※ゆったりサイズ設定で 伸縮性もありますので
2Lサイズの方でもご利用いただけると思います。

(詳細サイズ参照してご判断ください)


※ズボンゴム 交換可能です。ゴム交換口あり

※上下ともポケットあり


平置き実寸  

身幅(バスト) 104
着丈   68
袖丈   50
 
ズボン丈 94 
股下 64



◆発送方法・送料など
メニュー欄の
「【必ずお読みください】送料、お荷物の補償について」をご覧ください。

●こちらの商品の送料は無料です(普通郵便またはクリックポスト)
→どちらの発送方法かは選べません、お任せ下さい^^


〇送料無料商品は、
定型外郵便(ポスト投函、追跡番号無)又はクリックポスト(ポスト投函、追跡番号有)に限り
送料負担致します。

→他の発送方法ご希望の場合は ご注文時の備考欄にお書きください。
(送料ご負担頂きます)

〇複数ご購入の場合、
送料無料商品と組み合わせて同時注文されると
送料無料の特典をご利用頂けます(まとめての梱包になります)

  • 価格:15,800円
  • 種類:
  • 注文数:

商品検索

カートの中身

カートに商品は入っていません